Interlaken IP Subsystem

スケーラブルな帯域幅、低レイテンシー、信頼性の高いデータ転送をシリアルリンク上で実現する高速チップ間インタフェースプロトコルです。最新世代ではNRZおよびPAM4シリアルリンクをサポートし、最大1.2Tbpsの帯域幅をサポートしています。

Interlakenのカスタマイズ

御社のビジョンを、OpenFive Sales チームがニーズに合ったカスタムシリコン ソリューションとして具現化します。

Interlaken FECカスタマイズ

お客様の設計仕様がご準備でき次第、OpenFive チームはプロジェクトのスケジュールと予算策定をお手伝いいたします。

関連製品を探す

IoTデバイスからネットワーク、AI/ハイ・パフォーマンス・コンピューティング(HPC)まで幅広いアプリケーションをカバーするベストインクラスのSoC IP

HBM2/2E IP Subsystem

HBM2/2E IPは、グラフィックス、ハイ・パフォーマンス・コンピューティング(HPC)、ハイエンドネットワーク、通信など、非常に高い帯域幅、低レイテンシー、高密度を必要とするアプリケーションに適しています。

Ethernet IP Subsystem

フルコンフィギュラブルなマルチチャネル、マルチレートイーサネットMAC、PCS、およびFEC IPの包括的なポートフォリオです。データセンターアプリケーションのIEEE 802.3標準のサポートに加えて、OIFFlexEもサポートしています。

USB IP Subsystem

USB 2.0/USB 3.0/USB 3.1 gen1およびgen2をデバイスモードでサポートするフルレンジのUSBコントローラです。AXIインターフェースと内蔵DMA機能をサポートしています。

Die-to-Die IP Subsystem

Die-to-Die コントローラ IP は、独自のバリュープロポジションを提供します。 低消費電力、高スループット、低レイテンシーリンクスの観点から、有線通信、AI、ハイ・パフォーマンス・コンピューティング(HPC)のアプリケーションにおけるヘテロジーニアスなチップレット接続のインテグレーションまでの時間短縮を可能にします。